So-net無料ブログ作成

海を見に・・・ [海]

 

 

 

海

暑いときは海へ行こう・・・

 

 

 

 

 



 

写真は5月26日に小樽市銭函で撮ったものから。

ニュースで北海道でも猛暑日が・・・とやってましたが、

道東のほうがすごい事になってましたが、

札幌に関してはそこまでではない感じでした。

とは言えこの時期の気温ではないのには変わりないのですけどね。

この日の札幌の最高気温は32.0℃。

土曜日の最高気温も31.1℃でしたから二日続けて真夏日でした。

この時期このくらいの気温になることはたまにありますが、

やはり暑さに慣れてないこの時期は厳しいものがあります。

今がこれだけ暑いと、夏が雨ばかりで寒いという事もありましたから、

そっちの心配もありますね。

まぁそんな暑い日は海でも見ようという事で、小樽市の銭函へ。

多分まだ海開きしてないはずなのですが、海水浴場には結構人がいましたね。

大丈夫なのかなぁ。

自分もすっかり腕や首のあたりが日焼けしてしまいました(^_^;)

 

 

 

 

 

コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

安らげる場所・・・ [海]

 

 

 

日本海

誰にも邪魔されずに一人になれる場所。

静かに海を眺めてるだけでも心が安らぐ・・・。

 

 

 

 

 



 

写真は9月23日に小樽市銭函で撮ったものから。

この日は風があったので、少し波が目立つ海でしたが、

静かに海を眺めていて心地よかったですよ。

夏の海もいいですが、秋の静かになった海も好きです。

冬になると、日本海は荒れる事が多いですからただただ寒いだけになるのですが、

秋の今ごろの海ならちょうどいいですね。

夏は人が多いですからね。

この日は自転車で銭函まで。

自宅からだとだいたい27kmほどですかね。

行きはほぼ向かい風だったので大変でしたが、

帰りのころには風も止んで、帰りは風の影響もほぼなかった感じでしたね。

ここ数日は朝晩は12~13℃くらいですが、

日中は天気が良ければ22℃~23℃と心地よいです。

午後6時前には暗くなり、日没も早くなりましたね。

自転車で出かけるにしてもこの時期は帰りの事を考えるとライト等の照明器具は必需品です。

すっかり秋ですね。

 

 

 

 

 

コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

夏と秋のはざまで・・・ [海]

 

 

 

海

風はすっかり秋の風・・・

 

 

 

パラグライダー

空を飛ぶパラグライダーは気持ち良さそう・・・

 

 

 

光

光の向こう側は小樽方面・・・

 

 

 

 

 



 

写真は8月18日に石狩市厚田区望来(もうらい)で撮ったものから。

ここ最近ずっと雨が続いていた北の大地ですが、

この日は久しぶりに晴れ間も出たので、自転車で望来へ。

自宅から片道でだいたい35kmほどですね。

ずっと雨が続いていた影響か、海水が泥水で濁ってましたね。

ある程度沖に行くまでは濁ってました。

色の境ができてる感じで。

 

晴れてたと言ってもそんなに晴天というほどでもなかったので、

最後の写真のように雲がかかっていたところもありましたが、

石狩湾の反対側、小樽方面は光が当たっていたので、おそらく晴れていたのでしょうね。

この日の最高気温は22℃ほどでしたが、

それまで雨で最高気温は15℃いくかどうかという日が続いてたので、

これでも暖かく感じましたよ。

というような事を書くと「北海道はもうこんなに・・・」みたいな事を

思う人がいるかもですが、この気温は異常ですからね(^_^;)

例年のこの時期に比べても低いです。

一月半くらい先の気温ですね。

今年の北海道は気温の降り幅が極端すぎるのです。

困ったものだ・・・。

 

ちなみに石狩市は何故か難読地名が多いです。

望来(もうらい)の他にも、

花畔(ばんなぐろ)、生振(おやふる)、聚富(しっぷ)、濃昼(ごきびる)など。

北海道に住んでる人でも読める人は少ないですね(^_^;)

 

 

 

 

 


コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の空と夏の海・・・ [海]

 

 

 

高島漁港

夏空が広がった日、海が見たくなってやってきた漁港・・・

 

 

 

漁船

お昼過ぎの漁港はとても静か・・・

 

 

 

海

海も光が反射していた・・・

 

 

 

 

 



 

写真は7月28日に小樽市の高島漁港で撮ったものから。

この日は気温も上がり風も強かったので自転車に乗る事はあきらめて、電車で小樽へ。

小樽の市街地ではこの日は潮まつりが開催されていて、とても賑やかだったのですが、

市街地から4kmほど離れたところにある、高島地区はいつもの静かな雰囲気。

賑やかな場所よりもこういう場所のほうが好きです。

この日の小樽市の最高気温は29.3℃ともう少しで真夏日。

まぁこの時期なので北海道だって普通に30℃を超える日があります(^_^;)

暑かったので、いつもよく見かけるねこさんたちは見かけず、

おそらくどこか涼しいところでくつろいでいたのでしょうね。

空も海もとても綺麗で、風はちょっと強くて暑かったですが、

夏らしい一日でしたよ。

 

 

 

 

 

コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏の海・・・ [海]

 

 

 

突き当りは海

思いがけず出会えた青空の日。

自転車でたどり着いた先には海が見えた・・・。

 

 

 

 

 



 

写真は7月8日に小樽市張碓町(はりうす)で撮ったものから。

この日は当初雨予報だったので朝はゆっくり寝て遅めに起きて、窓の外を見てびっくり。

予想外の青空が。

そうなると、自転車でどこかへ行こう。最近の天気だと次はいつ乗れるか分からないですからね。

と言う事で自転車で小樽市の銭函(ぜにばこ)、張碓(はりうす)エリアへ。

往復で61kmほどだったかな。

最高気温も24℃と北海道らしい爽やかな空に久々に出会えました。

それまでが北海道らしからぬ、湿度の高くぐずついた空の日が続いてましたからね。

ここは以前も何度か撮った事のある場所です。

結構ここで写真撮ってる人もいますね。

天気のよい日は、このようにとにかく眺めのよいところです。

内陸育ちの自分にしてみたら、こういう風景は憧れの風景ですね。

 

西日本では豪雨で大きな被害が出てますが、

その前の先週水~木にかけて北海道でも大雨で被害が出てました。

札幌でも市内を流れる豊平川が氾濫しそうになるほどでした。

北海道もこの日曜日こそ、予想外の青空でしたが、

それまではずっと雨続き、月曜日以降もまた雨の予報が出ています。

雨も少しでも早く落ち着くとよいのですけどね。

 

 

 

 

 

コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

穏やかな海・・・ [海]

 

 

 

海

穏やかな海が心を癒す・・・

 

 

 

 

 



 

写真は6月3日に小樽市高島の高島漁港で撮ったものから。

この日は晴れて気温が上がる予報だったので、

自転車で遠乗りしようと思っていたのですが、

朝起きると、予想外の雨。

雨自体はすぐに止んだのですが、お昼くらいまで何か降りそうなすっきりしない空。

なので、自転車は諦めて電車で小樽まで行ってきました。

結果的はこのあと雨は降らなかったので、自転車に乗ろうと思えば乗れたのですけどね。

電車で小樽駅まで行って、そこから歩いて高島へ距離にして4kmくらいかな。

トータルでは9kmくらい歩いたのですけどね。

ぱっと晴れた訳ではないのですが日差しはあって、

予報ほどは上がらずもちょうどいいくらいの気温まで上がって、

ちょっと暑いくらいでしたが、歩いていて気持ちよかったですよ(^_^)

 

 

 

 

 

コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

海の風を感じに・・・ [海]

 

 

 

海

海の風を感じにこの場所へ辿り着いた・・・

 

 

 

キラキラの海

そこに見える景色はとても美しく・・・

 

 

 

坂道

またここへ来たいと思った・・・

 

 

 

 

 



 

写真は7月29日に石狩市厚田区望来(もうらい)で撮ったものから。

この日は、最高気温27.6℃でしたが風が心地よくて自転車に乗っていても気持ちよかったです。

そんなこの日は望来まで行ってきましたよ。

トップの写真は以前この記事(→)の時に撮った場所と同じ場所ですね。

この日以来だから2年ぶりに訪れたのですが、その時との違いは、

2年前はバスを使って来たのですが、この日は自転車で来たという事ですね。

あの日の自分は2年後にここへ自転車で来る事になるとは夢にも思わなかったでしょう。

ちなみに自転車で行って帰ってきてでトータル85kmの道のりでした(^_^;)

最後、70kmを過ぎたくらいからもう嫌になってきたのですが、何とか完走できました。

本当に疲れたですが楽しかったですよ。

でもロード乗りの人は一日で100km以上乗る人もいますから、

それに比べたら、クロスバイクで85kmは大した事ないのかもですけどね(^_^;)

ここへは国道231号を通っていくのが一番分かりやすいのですが、

車通りが多い上に道幅も狭いので、なるべく国道は通らずに行けるルートを

地図アプリで検索して、海沿いを通るルートを見つけてそこを通る事に。

しかし、地図アプリ通り進んでいくとダート路が。

確かに地図アプリを過信してはいけないと分かってはいたけど、

これはちょっと焦りました(^_^;)

幸いダート区間は大した距離ではなかったのでよかったですけどね。

二枚目、三枚目は大体同じ位置で撮ってます。

二枚目の写真の海の向こう側に見える陸地は、石狩湾の反対側、

小樽方面になりますね。

二枚目、三枚目は帰りなので、午後3時ころに撮ったのですが、

海が綺麗だったなぁ。

来る時はこの坂を登ってきたのですが、かなり大変でした(^_^;)

あともう少しで到着という最後の最後でものすごい坂が現れて、

この辺りの地形は知っているので、どこかでそういう坂があるだろうとは思ってましたが

いざ目の前にその坂が現れるとちょっと萎えました(^_^;)

トップの写真の右手側に石窯焼きのピザ屋さんがあるのですが、

前回、2年前に来た時は行けなかったので今回は行ってきましたよ。

スモークサーモンピザ

期間限定メニューでスモークサーモンピザというのがあったので食べてみました。

なかなか美味しかったですよ。

ピザも美味しかったのですが、そこから見える海がまた美しくてそれもよかったな。

トップの写真、この先下ると海水浴場があるだけなので、これ以上は下らずに戻ったのですが、

その戻った時の写真が二枚目、三枚目となっていきます。

 

 

 

 

 

コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

海へ行こう・・・ [海]

 

 

 

海

海へ行こう。

風を切って、自分の力で・・・

 

 

 

八重桜

辿り着いた先には何が待っているのだろう・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、5月20日に小樽市銭函(ぜにばこ)で撮ったもの。

1枚目は銭函の海岸からみた海で向こう側に見える建物は、

多分石狩湾新港にある建物かな。

2枚目の写真は銭函駅の裏にある神社の八重桜。

八重桜ごしに海が見えますね。

この週は火曜日まではぐずついた天気で非常に寒い日が続いていたのですが、

水曜日以降は、天気も回復して気温も一気に上昇、初夏を思わせる日和になりました。

この日も最高気温は25.4℃まで上がって夏日を記録しました。

週間予報で土曜日は天気が良くなるという予報だったので、

銭函だったら行けなくもないかなぁと言う事で自転車で行ってきましたよ。

距離的に過去に行った事がある、江別の市街地を超えた先のところとだいたい同じくらいというのと、

ルートによってはわりと平坦なルートもあるなぁというのもあるのですけどね。

札幌にはあまり坂がないイメージの方が多いと思いますが、

それは大通や札幌駅から北へ石狩湾方面に向かっての方向に限っての話であって、

それ以外の方向は山や坂が結構あるのです。

西の方向は、市内だと円山や藻岩山がありますし、その先小樽方面へ行こうとしても、

峠を超えないといけないほど山があります。

南の方向は定山渓温泉の方向ですが、市街地を超えるともう山間部へと続いていく坂道。

東の方向は特に大きな山はないのですが、「野幌丘陵」(のっぽろきゅうりょう)と呼ばれる

丘になっていて、そこへ向かう坂があり、意外とアップダウンが多いのです。

(自分が住んでいるところもそのアップダウンのはじまりのあたり)

なので、どこへ行くにもあまり平坦なルートはないのです。

今回行く銭函は西の方面へ行くのですが、峠に入る手前で、

ルート選びによっては大きな坂もなく行けるので、

あとは大通や札幌駅近辺の人が多い区間をいかに抜けるかを考えればという感じですね。

そんなこんなで片道約25kmちょっとの距離なので、往復で52kmくらいになったのかな。

10km~15kmおきに休憩を入れる事でお尻の痛みもなく快適に乗る事ができましたよ。

あと、ギヤの使い方も分かってきた事によって効率よくこげるようになったのもあるかも。

多少の筋肉痛もありますが、そんなに次の日動けないという程でもないですね。

まさか、自転車で海まで行くなんて思ってもなかったけど、

銭函の市街地に入って海の音や海の匂いを感じながら自転車に乗るのは気持ちよかったですよ(^_^)

ここから小樽の市街地へ行くには峠を越えてさらに行かなくてはいけないので、

それはもうちょっと体力ついてからかな。

 

 

 

 

 

コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

春の陽気を感じる日に・・・ [海]

 

 

 

この先は・・・

この向こう側に見えるは・・・

 

 

 

海

春を感じる日本海・・・

 

 

 

 

 



 

写真は3月11日に小樽市銭函(ぜにばこ)で撮ったものです。

銭函は札幌との境、小樽の市街地からは10km以上離れているところにある集落です。

JR銭函駅の周辺、海岸沿いは古くからある住宅街でかつて漁村だったところです。

少し内陸のほうへ行くと札幌のベッドタウンとなっている住宅街と、

工場がある工業団地となってますね。

銭函の地名の由来は、かつてニシン漁で栄えた頃、

各家庭に銭箱が置いてあったという伝説が地名の由来であるとか。

 

この日は朝はかなりの勢いで雪が降っていたのですが、

午前中のうちに雪はすっかり止んで青空が広がり、気温も上がって最高気温はプラスの4.0℃まで上がりました。

北海道では冬はマイナスの気温がデフォルトですから、プラスの気温になった時は、

わざわざ「プラスの」ってつけて言っちゃいますね(^_^;)

暖かかったので、海を見たくなって銭函まで行ってきましたよ。

気温も上がって、道路にも大きな水たまりがあちこちに。

水たまり

これもこの時期の風物詩ですね。

風もなくて、本当に暖かくて手袋もマフラーもいらないくらいでしたね。

本当に気持ちよかったなぁ。

北の大地は、まだいきなり吹雪く事もあるけど、だいぶ春へ近づいていますよ。

ちなみに2枚目の写真、山が写っているのは暑寒別連邦(しょかんべつ)の山々。

あの山を越えた先が増毛(ましけ)ですね。

 

 

 

 

 

コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

海が見える風景・・・ [海]

 

 

 

国道5号線

 

 

 

張碓の街の入口

 

 

 

小樽市張碓町

 

 

 

同じく張碓

 

 

 

小樽市銭函

海から吹く風を感じながら心地よく歩く・・・

 

 

 

 

 



 

写真は前記事に引き続き6月11日に撮ったもの。

小樽市張碓町(はりうす)から、小樽市銭函(ぜにばこ)まで、

約6kmほど歩きながら撮った写真たちです。

時系列でいくと、1枚目→2枚目→前記事の写真→ 3枚目 → 4枚目 → 5枚目の順ですね。

前半の2枚目くらいまでは、まだすっきりと晴れてないのですが、

3枚目からはすっきりと晴れてきているのがわかりますね。

前記事で「海のそば行ったと言ってるのに海の写真がない」と

自分でフリを入れてたので、今回は海の写真ばかりです(^_^;)

この日なのか次の日なのかは分かりませんが、

どちらも気温は20℃もいかないくらいだったのに、腕は日焼けしてました。

くっきりと腕まくりしたところまで焼けてます(^_^;)

気温があまり高くなくともこの時期は油断できませんね。

この日と次の日と結構歩いているのですが、以前ほど腰にこなくなってますね。

さすがにこの次の日は9.5km歩いたので、最後は少し腰にきてましたがそれでも以前ほどではないかな。

最近、週末に半端ない距離を自転車で乗ってるのもありますが、

平日も歩いて帰宅したりしてます。

朝は公共交通機関使いますが、帰りは別に急いでもないので歩く事がありますね。

ちなみに職場から自宅までは約6kmくらいかな。

(セントラルからホワイトストーンまで)

でも毎週月曜日は、土日にガッツリ自転車乗ったり、歩いたりで、

だいたい筋肉痛なので、そこは歩かないでバス使いますが(^_^;)

あとは雨の日とか、帰りが遅くなった時とかは歩きませんけどね。

なので、だいたい週に2日~3日くらいは歩いて帰宅する事がありますね。

フルで歩く日もあれば、半分くらいまで歩く日もありますけどね。

そういうのもあって、腰回りの筋肉や腹筋がついてきて腰痛も軽くなっているのかなと思ってます(^_^;)

ボディービルみたいな筋肉ではなく、引き締まった感じの筋肉ですかね。

まぁ、体重減ったのもあると言えばありますけどね。

 

 

 

 

 

コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。