So-net無料ブログ作成
検索選択

ここに流れる時間・・・ [緑]

 

 

 

校舎の中

ここに流れる時間はゆっくりと・・・

 

 

 

椅子

そしてどこか懐かしいようなホッとするような・・・

 

 

 

廊下

そんな穏やかな時間が流れていました・・・

 

 

 

体育館

 

 

 

 

 



 

写真は7月4日に、美唄市(びばい)にある、「アルテピアッツァ美唄」で撮ったもの。

ここは、美唄市出身で、現在はイタリアを拠点に

世界で活動されている彫刻家安田侃(かん)さんの大理石で作られた作品を

廃校となった小学校の校舎やその周りの自然を生かして展示している

アートスペースといった場所です。

そうは言ってもそんな堅苦しい場所ではなく、緑がいっぱいあって普通にお散歩するにもいい場所ですよ。

入場料も無料ですし、この中にはカフェもありまして、散歩に疲れたら、カフェで一息つくのもいいところですね。

校舎や体育館の中や、野外に展示されている作品は、光の入り具合とかを計算された上で、

配置されたものだそうですよ。

野外展示されているものに対しても、どの木を残してどう展示するというのも計算された上で

配置されているそうです。

作品も決して元々あったまわりの雰囲気を壊す事なく、違和感なく馴染んでいて良かったのですが、

自分としては、昔の校舎の雰囲気とかそういうところに興味がいってしまって、

撮った写真の多くは、そういう観点が多かったかも(^_^;)

とは言っても、自分が小学生の頃は木造校舎ではなかったですが。

でも何かノスタルジックな感じが良かったんですよね。

一応、こんな写真や

体育館に展示されている作品

こんな写真

野外に展示されている作品

も撮ってはいますよ(^_^;)

オールシーズン開設されているので、また違った季節に行ってみたいなぁ。

ちなみに札幌からだと、各駅停車で1時間弱、特急だともうちょっと早いかな。

そこからバスに乗って20分くらいで行く事ができます。

美唄は、今でこそ農業の街ですが、かつては炭鉱で栄えた街で、

ここにたどり着くまでの間でそういった雰囲気を感じるところもありました。

「アルテピアッツァ美唄」で使われている校舎も1981年までは小学校として使われていた校舎で、

現在は幼稚園だけは残っている状態です。

 

 

 

 

 


コメント(18) 

新緑の季節・・・ [緑]

 

 

 

もみじ

北の大地にも新緑の季節がやってきた・・・

 

 

 

草

緑輝く、清々しい季節・・・

 

 

 

 

 



 

写真はいずれも別の日に別の場所で撮ったものですが、

どちらも5月のうちに札幌市内で撮ったものです。

6/8からの週は、寒い日が続いたのですが、

金曜日になってようやく暖かくなりました。

そして、6/14から北海道神宮祭(札幌まつり)が始まりました。

森へ行くとエゾハルセミの鳴き声が聞こえてきたり

街はニセアカシアの香りでつつまれたり

いよいよ初夏へ入っていくのだなという感じです。

自分の中では6月の新緑の季節が一番好きな季節ですね。

 

「北海道っていつごろがおすすめですか?」と聞かれたときは、

迷わず「6月の新緑の季節が一番いいですよ」と答えます。

人によっては、「雪の季節がいい」とか(住んでる者としては雪はいいイメージがない(^_^;))、

「涼しい夏がいい」とか(実際、そんなに涼しくもない・・・)

「収穫期の秋がいい」とか、

いろいろあるかもですが、

自分個人の主観では気候的に寒くもなく、暑くもない、

一番過ごしやすい6月が好きですね。

夏も嫌いではないですが。

実際、夏は涼しいというよりも、暑さの質が違うというのが正しいですね。

確かに朝晩は気温さがりますけどね。

7月末~8月上旬の一番暑い頃だと、30℃超える日も普通にあります。

それは温暖化云々は関係なく。

ただ、湿度が低いので、関東のほうのまとわりつくような暑さではなく、

カラッとした、突き刺さるような暑さという感じですかね(^_^;)

お盆を過ぎると急激に涼しくなって秋へ向かうのも特徴ですね。

なので、北海道の家にはエアコンがついてないのが普通です。

最近はエアコンを個人的につけてる家もありますが、少数派です。

マンションやアパートでもストーブ(もしくはファンヒーター)は備え付けで必ずついてますが、

エアコンに関してはついてなのが普通ですね。

うちもエアコンついてないです。

こういう気候なので、扇風機で乗り切れるのですが、

たまに異常に暑い日とか年に数回ある夜になっても気温下がらない日は、

エアコンないので本当に大変なんです(^_^;)

家の作りも冬の寒さに対しての対策は施してありますが、夏の暑さに対しては

特にないですからね。

 

 

 

 

 

コメント(22) 

暑さの中で見つけた心の癒し・・・ [緑]

 

 

 

草っぱら

どんなに暑くても、緑をみつけるとホッとする・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、6月30日に撮ったものです。

それにしてもここ数日暑い日が続いている札幌です。

この日の札幌の最高気温は30.0℃でした。

その分湿度は30%台なんですけどね(^_^;)

カラっとして暑い、北海道らしい暑さなのですが、

急にここ数日で暑くなっているので、体調管理が大変です。

ちなみにこの日、日本で一番暑かったのは、

富良野市と名寄市で記録した33.7℃でした。

沖縄の那覇の最高気温よりも高かったようです(^_^;)

まさに沖縄よりも暑い北海道です。

「北海道で30℃超えなんてないんじゃ・・・」と思ってる人もいるでしょうが、

そんな事はまったくなく、真夏の北海道では30℃超える時が普通にあります。

確かに、そんなに多くないですけどね(^_^;)

6月にここまで上がるのは珍しい事のようですが、

もう7月ですから、まあ夏のようなもんです。

特におかしいとも思わないですが、ちょっと暑すぎですね(^_^;)

 

 

 

 

 

コメント(28) 

初夏の森で・・・ [緑]

 

 

 

木漏れ日

木漏れ日が気持ちのよい季節がやってきた・・・

 

 

 

野鳥さん

新緑の中、野鳥も気持ちよさそうにしている・・・

 

 

 

苔

心も身体もゆっくりと・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、6月18日に野幌森林公園で撮ったものです。

この日は、先日休日出勤した分の代休という事で、

ゆっくりのんびりと森を散歩しに行ってきました。

天気も良かったですしね。

ここの森も、土日だと結構人通りがあるのですが、

さすがに平日の日中、人通りも少なく、いつも以上にのんびりと森を散歩できましたよ。

2枚目の野鳥の写真、ちょうどいい具合にピントが合って撮れました。

何という鳥かわからなくて色々と調べてみたのですが、

多分、アオジかな・・・。もしかして違うかも・・・。

散歩してると、近くで鳴き声がするので、

探してみたら、ちょうど目につくところにいたので、

上手い具合に撮れました。

エゾハルゼミや、色んな野鳥の鳴き声をBGMに、

のんびりゆっくりとした時間を過ごす事ができましたよ(^_^)

 

 

 

 

 

コメント(27) 

雨が上がったら・・・ [緑]

 

 

 

芝生

冷たい雨があがったら、日差しが差し込んできた・・・

 

 

 



 

写真は、10月1日に撮ったものです。

この日は、冷たい雨が降っていたのですが、

夕方近くになって日が差してきて、

ちょっと散歩に出た時に撮ってみたものです。

 

さて月曜日は、とても寒くて初雪を観測したところもあったのですが、

札幌に関しては冷たい雨が降っていた程度でした・・・と言っても寒かったのですけどね。

ちなみにこの時期に雪が降るなんて事は、いくら北海道でもあり得ない事で

11月上旬並みの寒気が入り込んだ事によるものでした。

その後、火曜日の日中になって、この時期本来の気温になったのですが、

気温差がちょっと激しいですね(^_^;)

ちなみに日中で18℃~20℃くらいの間がこの時期の気温でしょうね。

 

 

 

 

 

コメント(26) 

鳥居をくぐり・・・ [緑]

 

 

 

北海道神宮 公園口鳥居

この鳥居をくぐって歩いていこう・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、7月30日に撮ったものです。

この鳥居は円山公園から北海道神宮へ向かう途中にある、

公園口鳥居です。

北海道神宮には、鳥居が4か所あります。

それぞれ第一鳥居、第二鳥居、第三鳥居、公園口鳥居と名前がついてます。

そのうち第一鳥居だけは、神社から離れたところにあります。

北一条通りの西25丁目のあたりにあるのですが、一般の道路なので、

鳥居の下を普通に車が通っていたりします。

第二鳥居が、表参道側(北1条に面している側)にあり、

第三鳥居が、裏参道側(南1条側)にあり、

公園口鳥居が、円山公園にあります。

自分が北海道神宮へ行くのに、一番好きなルートが

円山公園から入って、この公園口鳥居を通って、

てくてく歩いていくルートが一番好きだったりします。

 

ちなみに北海道神宮の境内の図はこちら →

 

この日は、曇り空でちょっと湿度が高めな感じだったかな。

でも、緑がとてもきれいでしたよ!

 

 

 

 

コメント(11) 

風が通り過ぎて・・・ [緑]

   

     

     

草原

そこには、優しい風が吹いていた・・・

   

   

   

   

   


  

写真は、7月3日(日)に、野幌森林公園で撮ったものです。

写真撮った場所は、記念塔前広場という広い芝生の場所でして、

この日も、親子連れが遊んでいたりしてました・・・て、

今の時期、ちょっと草のたけが伸びているのですが、

管理されている場所なので、定期的に草刈りされているのですけどね(^_^;)

公園と言っても自然公園なので、整備といっても、変な施設を作る訳ではなく、

自然を保つための整備がなされています。

自然を楽しむための公園ですね。

2053haと言う広大な面積を管理されている方々の

日頃の苦労には、頭が下がる思いです。

そのおかげで、どの季節も自然を楽しむ事ができるんですよね。

※野幌森林公園のHP → http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/environ/parks/nopporo.htm

  

  

  

  

  


コメント(21) 

ライラックの季節に・・・ [緑]

  

   

   

ライラック

ライラックが見ごろを迎える頃

北の大地で

1年のうちでもっとも過ごしやすい時期がその頃である・・・

  

  

  

  

  


   

写真は、ライラックの花です。

札幌では、ライラックの花があちこちで咲いています。

札幌でライラックの花が咲くのが5月下旬~6月にかけてかな。

花もちがいいので、7月の初めでも咲いているものもありますけどね。

その頃というのが春の終わりから初夏に向けて季節が移っていく頃で、

長袖から、そろそろ半袖でもいいかなってなってくるのもこの頃です。

自分としては、一番好きな季節かな。

水曜日の札幌の最高気温は26.8℃まで上がり、夏日を記録しました。

この時期の最高気温は大体25℃いくかいかないかくらいのところですから、

水曜日はちょっと高めでしたね(^_^;)

内陸のほうでは、30℃近くまでいったところもあったようですしね。

まあ、今年は5月くらいまでが異常な低温でしたからね。

梅雨のない北海道、これからがいい季節ですよ。

でもここ数年温暖化の影響か、梅雨のような時期が7月あたりにあるのですが・・・。

今年はそういう時期がなければいいなぁ・・・。

   

  

  

  

  


nice!(62)  コメント(19) 

秋を感じるもの・・・ [緑]

  

   

   

オンコの実

この赤い実を見かけると、

秋の深まりを感じる・・・

  

  

  

  

  


 

写真は、10月11日(月)に北海道大学の構内で見かけたイチイの木の実です。

北海道の人にとっては、イチイというよりもオンコと言ったほうがわかるでしょう。

そしてこの赤い実は、オンコの実と言われます。

イチイのことをオンコと呼ぶのは、ずっと北海道だけの方言かと思ってましたが、

調べてみたら、どうも東北の北のほうでもそう呼ぶようです(・・・て、本当なのかな)

日本では、北海道から九州の山地に自生しているそうですよ。

北海道では、市街地の住宅の庭にもあったりする木なので、結構一般的な木ですね。

・・・と、毎年この時期になると同じ説明をしているので、過去に聞いた事ある方もいる事でしょう(^_^;)

このオンコの実は、ナナカマドの実とともに、北海道の秋の深まりを知らせるもののうちの一つですね。

これらを見るたびに秋が深まってきたんだと感じさせられます。

そうそう、火曜日の雨のあと、水曜日は雨は降らなかったのですが、

やはり気温はぐっと下がりました。

水曜日の札幌の最高気温が15.5℃、最低気温が13.1℃でした。

週の後半には、札幌でも最低気温が一桁になる予報が出ていましたから、

もうちょっとしたら、コートも必要になってきそうですね。

 

 

 

 

 


nice!(76)  コメント(24) 

秋の深まり・・・ [緑]

  

  

  

もみじの葉

秋が深まっていくここ最近、

このモミジの葉が緑から色が変わっていくのも、

そう遠い先ではない・・・

  

  

  

  

  


 

写真は、10月6日に知事公館内の庭で撮ったものです。

この近くには、道立近代美術館があったり、

少し歩いた先には札幌医科大学があったり、

あとは、会社とかが多いところですね。

あ、そうそう知事公館の敷地内には、

道立三岸好太郎美術館もあります。

(住所的に言うと北1条西16丁目。地下鉄で言うと東西線「西18丁目」駅が最寄りですね。)

そんな場所にあるのですが、

この知事公館の敷地の中には、様々な植物があり、

まわりがそんな場所というのも忘れてしまうような感じです。

前記事も記載しましたが、平日の9:00~17:00が開放時間ですが、

確か学生たちが夏休みのあたりに、土曜日も開放していたかな。

土曜日とか日曜日も開放してもらえると、

もっと行けるチャンスもあるのにな・・・と思うんですがね。

現在でも公務で使われたりすることもあるようですね。

そんな訳で、平日に行っても公務の都合で見学できない場合もあるようなので、

見学するのであれば、事前に確認するのがよいと思います。

ちなみにここの建物は、もともとは三井財閥がお偉いさん(大臣とか皇族とか)を

招く時に使う建物として建てられたものなので、こんな豪華な感じに作られたようです。

その当時としてはとても一般庶民が入れるような建物ではなかったのでしょうね。

戦後になってから北海道の所有となって、「知事公館」として使われるようになったとの事です。

何かものすごく簡単にここの建物の歴史を説明してるなぁ・・・(^_^;)

どんな建物かは、前記事に写真載せているので、気になる方はそちらもどうぞです。

 

 

 

 

 


nice!(80)  コメント(17)