So-net無料ブログ作成

海へ行こう・・・ [海]

 

 

 

海

海へ行こう。

風を切って、自分の力で・・・

 

 

 

八重桜

辿り着いた先には何が待っているのだろう・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、5月20日に小樽市銭函(ぜにばこ)で撮ったもの。

1枚目は銭函の海岸からみた海で向こう側に見える建物は、

多分石狩湾新港にある建物かな。

2枚目の写真は銭函駅の裏にある神社の八重桜。

八重桜ごしに海が見えますね。

この週は火曜日まではぐずついた天気で非常に寒い日が続いていたのですが、

水曜日以降は、天気も回復して気温も一気に上昇、初夏を思わせる日和になりました。

この日も最高気温は25.4℃まで上がって夏日を記録しました。

週間予報で土曜日は天気が良くなるという予報だったので、

銭函だったら行けなくもないかなぁと言う事で自転車で行ってきましたよ。

距離的に過去に行った事がある、江別の市街地を超えた先のところとだいたい同じくらいというのと、

ルートによってはわりと平坦なルートもあるなぁというのもあるのですけどね。

札幌にはあまり坂がないイメージの方が多いと思いますが、

それは大通や札幌駅から北へ石狩湾方面に向かっての方向に限っての話であって、

それ以外の方向は山や坂が結構あるのです。

西の方向は、市内だと円山や藻岩山がありますし、その先小樽方面へ行こうとしても、

峠を超えないといけないほど山があります。

南の方向は定山渓温泉の方向ですが、市街地を超えるともう山間部へと続いていく坂道。

東の方向は特に大きな山はないのですが、「野幌丘陵」(のっぽろきゅうりょう)と呼ばれる

丘になっていて、そこへ向かう坂があり、意外とアップダウンが多いのです。

(自分が住んでいるところもそのアップダウンのはじまりのあたり)

なので、どこへ行くにもあまり平坦なルートはないのです。

今回行く銭函は西の方面へ行くのですが、峠に入る手前で、

ルート選びによっては大きな坂もなく行けるので、

あとは大通や札幌駅近辺の人が多い区間をいかに抜けるかを考えればという感じですね。

そんなこんなで片道約25kmちょっとの距離なので、往復で52kmくらいになったのかな。

10km~15kmおきに休憩を入れる事でお尻の痛みもなく快適に乗る事ができましたよ。

あと、ギヤの使い方も分かってきた事によって効率よくこげるようになったのもあるかも。

多少の筋肉痛もありますが、そんなに次の日動けないという程でもないですね。

まさか、自転車で海まで行くなんて思ってもなかったけど、

銭函の市街地に入って海の音や海の匂いを感じながら自転車に乗るのは気持ちよかったですよ(^_^)

ここから小樽の市街地へ行くには峠を越えてさらに行かなくてはいけないので、

それはもうちょっと体力ついてからかな。

 

 

 

 

 

コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感