So-net無料ブログ作成

春の陽気を感じる日に・・・ [海]

 

 

 

この先は・・・

この向こう側に見えるは・・・

 

 

 

海

春を感じる日本海・・・

 

 

 

 

 



 

写真は3月11日に小樽市銭函(ぜにばこ)で撮ったものです。

銭函は札幌との境、小樽の市街地からは10km以上離れているところにある集落です。

JR銭函駅の周辺、海岸沿いは古くからある住宅街でかつて漁村だったところです。

少し内陸のほうへ行くと札幌のベッドタウンとなっている住宅街と、

工場がある工業団地となってますね。

銭函の地名の由来は、かつてニシン漁で栄えた頃、

各家庭に銭箱が置いてあったという伝説が地名の由来であるとか。

 

この日は朝はかなりの勢いで雪が降っていたのですが、

午前中のうちに雪はすっかり止んで青空が広がり、気温も上がって最高気温はプラスの4.0℃まで上がりました。

北海道では冬はマイナスの気温がデフォルトですから、プラスの気温になった時は、

わざわざ「プラスの」ってつけて言っちゃいますね(^_^;)

暖かかったので、海を見たくなって銭函まで行ってきましたよ。

気温も上がって、道路にも大きな水たまりがあちこちに。

水たまり

これもこの時期の風物詩ですね。

風もなくて、本当に暖かくて手袋もマフラーもいらないくらいでしたね。

本当に気持ちよかったなぁ。

北の大地は、まだいきなり吹雪く事もあるけど、だいぶ春へ近づいていますよ。

ちなみに2枚目の写真、山が写っているのは暑寒別連邦(しょかんべつ)の山々。

あの山を越えた先が増毛(ましけ)ですね。

 

 

 

 

 

コメント(14)