So-net無料ブログ作成
検索選択

港で出会ったものとは・・・ [街]

 

 

 

高島漁港と弁天島

青空と海、そんな漁港で出会ったのは・・・

 

 

 

ねこさん1

誰かいると思ったら・・・

 

 

 

ねこさん2

めちゃめちゃ寄ってきて・・・

 

 

 

ねこさん3

自由奔放な姿で・・・

 

 

 

ねこさん4

あちこちをうろうろと・・・

 

 

 

ねこさん5

そしておすまし・・・

 

 

 

 

 



 

写真は7月23日に小樽市の高島漁港で撮ったもの。

この日は朝から良い天気で、小樽でも最高気温26.0℃まで上がったのかな。

でも吹いてくる風はとても心地良かったです。

そんな中、ねこさんでもいないかなと小樽駅から高島漁港までてくてく散歩。

小樽駅からだと距離にしてだいたい5kmちょっとくらいかな。

以前訪れた高島稲荷神社がある高島地区にある漁港です。

ちなみにトップの写真が漁港の様子で、正面に見える岩みたいなのが、

弁天島(べんてんじま)という島。

鳥居がありますね。

 

さて、その高島漁港へ行くと二枚目の写真のねこさんに出会いました。

最初は、自転車の向こうの台車のあたりで寝てたのですが、

自分が何もいないと思っていたところにこの子がいてびっくりした気配で起こしてしまったようで、

その後は写真にあるように自由奔放な動きに(^_^;)

黙っていると、こちらに寄ってきたりはするのですが、

かと言って手をだしたりすると、びっくりして逃げていったりして、

なので、黙って様子を見ていると、自分のまわりをあちこちウロウロと。

しばらく、このねこさんの様子を見てました(^_^;)

このあとも、高島地区をお散歩しましたが、

あちこちの日陰になっているところで寝ているねこさんを見かけました。

このあたりはねこさん多いのですね(^_^;)

 

 

 

 

 

コメント(20) 

LavenderColor・・・ [旅]

 

 

 

ラベンダー

北の大地にもラベンダーの季節がやって来た・・・

 

 

 

ラベンダー2

その香りが風に乗って香ってくる・・・

 

 

 

ラベンダー3

そんな心地よい季節に・・・

 

 

 

 

 



 

写真は7月16日に中富良野町のファーム富田で撮ったものから。

カレンダー通り3連休の自分ですが、

金曜日の夜に天気予報を見て、

この三連休で唯一天気が期待できるのは土曜日だけだというのを見て、

「じゃあしばらく行っていない富良野方面へ行ってみよう」と思い立って、

準備をしているうちに日付が変わって、結局睡眠時間2時間半くらいで、

出かけていきました。

ラベンダー撮るだけなら、札幌市内でも撮れる場所はあるのですが、

規模の大きいところだと富良野方面ですからね。

(ちなみに、日本のラベンダー栽培発祥の地は、札幌なのです)


 

この日は、JR北海道で週末に販売されている「一日散歩きっぷ」というフリー切符を使っての旅です。

この切符何度も使ってますが、決まったエリア内であれば、

各駅停車に限ってですが、まる一日乗り降り自由という案外優れものな切符なのです。

しかも大人2260円ですから、往復でそれ以上かかるところだと十分元がとれますよ。

この切符を使うと札幌から富良野や美瑛も行けるのです。

ただ各駅停車と快速列車の自由席のみというルールがあり、

札幌圏以外は電車の接続はよくないので、

前もってダイヤを調べた上で使わないと、行ったはいいけど、帰ってこれないという事態になります(^_^;)

なので、このルールに従い、中富良野のファーム富田への最寄り駅、

「ラベンダー畑駅」(この時期限定の臨時駅)まで、片道で5時間くらいかかってます。

ただし、接続待ちで2時間の待ち時間があるので、実際移動した時間は3時間くらいかな。

自分の場合、そういうのはあんまり苦にしないのでいいですけどね。

この日は、富良野でも最高気温26.8℃を記録してますが、

晴れてると言ってもちょっと雲が多めな感じで、ピーカンの晴れという訳ではなかったので、

外で写真撮ったりしていても、直射日光に当たらない分ましでしたね。

暑いのは暑かったですが。

ただ、十勝岳連邦は雲がかかったままでしけどね(^_^;)

雲に隠れる十勝岳連邦

花とか撮る分には、このくらいが一番いいかもしれないかな。

 

 

 

 

コメント(19) 

あじさい・・・ [街]

 

 

 

あじさい

北の大地でも紫陽花の季節がやってきた・・・

 

 

 

あじさい別カット

夏の風とともに・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、札幌市内のとある公園で撮ったものから。

札幌市内でも紫陽花が色づき始めています。

北海道では7月~8月上旬にかけてが紫陽花の季節。

もうちょっとしたらひまわりも咲いてくるから、

ひまわりの季節と紫陽花の季節は被る感じですね。

あとラベンダーも咲いてきてるから、ラベンダーもかな。

7月に入って、夏の花が咲いてくる時期。

北の大地も本格的な夏へと・・・入っていくかと思いきや、

またもや週末土日とも雨でして、これで3週連続かな。

今週末も写真撮りに行けず、近くで紫陽花を少し撮ったくらいかな。

少し撮った紫陽花の写真のうちの一部がこの写真たちですが(^_^;)

しかも平日いい天気なのに、土日になると雨になるのがなぁ・・・。

次の週末こそ、思いっきり写真撮りたいなぁ(^_^;)

 

さてさて、そんな当ブログも7月11日をもって、開始から11年となりました。

2005年から始めてる訳ですが、

相変わらず文章読みずらいとかありつつも、

ゆるゆると続けて、今日に至ってます。

この先もいつまで続くのかも分かりませんが、

体力と、あとはやる気が続く限りは続くと思います(^_^;)

そんなブログですが、今後もよろしくお願いしますです(^_^;)

という事で最近の中の人の様子を・・・

わてくし

紫陽花撮った日と同じ日に撮った訳ですけどね。

最近結構歩いてるとか、自転車乗ってるとかお話ししてますが、

体重が全然減らなくて、かと言って増えもしないんですが、そんな訳でちょっと困ってます。

あと10kgくらいは減らさないといけないんですけどね(^_^;)

 

 

 

 

 

コメント(17) 

赤い鳥居をくぐったら・・・ [街]

 

 

 

鳥居

沢山の赤い鳥居をくぐって坂道を上ってきた先は・・・

 

 

 

本殿

ひっそりと本殿があった・・・

 

 

 

 

 



 

写真は、7月3日に札幌市中央区にある「札幌伏見稲荷神社」で撮ったもの。

伏見稲荷と言えば、京都にある伏見神社を思い浮かべる方がいらっしゃるかと思いますが、

ここの伏見稲荷神社は京都の伏見稲荷神社から

1884(明治17)年に分祀(分かりやすく言うと暖簾分けのような感じ)したもので、

現在のこの地に移ってきたのが1907(明治40)年だそうです。

その際、ここの地名も「伏見」(ふしみ)となりました。

なので、今でもこの「札幌伏見稲荷神社」がある周辺の住所は、

「札幌市中央区伏見○丁目」となってます。

赤い鳥居が並ぶ姿も本家と同じですね。

鳥居の数は確か26だったけかな。

これは本家よりも少ないですけどね(^_^;)

という事で、一枚目の写真は、鳥居をくぐって坂を上ってきた途中から振り返って撮ったもの

二枚目は坂を上りきった先にある本殿です。

冬の雪がある時期に撮るのも面白いかなと思う反面、

冬で凍結してツルツルな状態な時に、ここを上っていくのはかなり厳しいかなとも思ったり(^_^;)

(さすがに参道だからロードヒーティングついてなさそうだし・・・)

 

中央区と言っても藻岩山(もいわやま 標高531m)の麓でして、

野生のリスとかもすぐ近くで見れるそうですが、

かと言ってすごく田舎という訳ではなく神社の周りは普通に住宅街だったりします。

静かで緑も豊富なのに、都心からもすぐ近くという事で、

豪邸もけっこうあったりするいわゆる「高級住宅街」だったりもします。

(もちろん、古くからこの地に住む人もいますが(^_^;))

 

この日は当初の予報では午前中一杯は雨でしたが、

予報よりも早く青空が出てきたりして出かけられそうな天候に。

そこで、この札幌伏見神社の存在をつい最近知ったことを思い出し、そこへ行くついでに、

その神社の前を通っている「藻岩山麓道路」をてくてく散歩する事に。

途中カフェでまったりしつつ、トータルで5kmくらい歩いたかな。

 

札幌は、都市部のすぐ近くにこうして緑があるのも特徴ですね。

こういうところは札幌の好きなところだな。

 

 

 

 

 

コメント(13)